KTGIS.net
MANDARA
今昔マップ
研究室
Geocoding
サービス
災害関連


 トップページ
 ダウンロード
 更新情報
 エラー情報
 掲示板
 テキスト発売中!
 機能と操作の流れ
 簡単地図作成
 地図ギャラリー
 ドキュメント

ソフト本体・地図ファイルダウンロード 旧バージョンダウンロード システム情報

バージョン9.45
対応OS:Windows XP/2000/VISTA/7/8/8.1/10

MANDARA9.44のダウンロード(約18Mバイト)

※インストール後、下のバージョンアップファイルをダウンロード・実行して9.45に更新して下さい。

MANDARAバージョンアップファイルのダウンロード(約2.6MB)


インストーラなし版(Ver9.45)
※USBメモリからMANDARAを実行したい場合や、何らかの原因でMANDARAのインストールに失敗した場合、こちらをダウンロードして下さい。
MANDARA(インストーラなし版) のダウンロード(約12.3MB)

手順1 ダウンロードしたファイルを実行し、解凍すると、「Mandara」というフォルダが現れます。
手順2 「Mandara」フォルダをc:\Program filesなど、ハードディスク中の任意の場所、またはUSBメモリに移動します。
手順3 「Mandara」フォルダの中の「Mandara.exe」を右クリックし、「送る」メニューの「デスクトップ(ショートカットを作成)」を選択します。

デスクトップ上にMandara.exeへのショートカットが作成されるので、これをダブルクリックするとMandaraが起動します。

アンインストールする際は、「Mandara」フォルダを丸ごと削除して下さい。

USBメモリから実行できる条件は以下の通りです。条件を満たしていないとエラーが出て実行できません。

1.Windows XPで、管理者権限で使用している場合
2.Windows VISTA/7/8で、管理者権限で使用しており、かつ実行ファイルを右クリックしたメニューの「管理者として実行」で実行した場合
3.1・2以外で、本体にMANDARAの同一バージョンがインストールされている場合
4.1・2以外で、USBメモリ中の本体のバージョンに対応する、ktgrid.ocxとktcontrol.ocxがレジストリに登録されている場合

バージョン9.38ソースコードダウンロード

バージョン9.38のプログラムです
■動作環境:Microsoft Visual Basic 6.0 SP6

■別途動作に必要なソフトウェア
・VB6ランタイム
・png形式での画像の読み込み、画像回転等には、ルーチェ様のdll(imgctl.dll)が必要です。
・画像データの圧縮には、ごぉき様のALZSが必要です。
・日本測地系と世界測地系との変換および、平面直角座標系から緯度経度座標系への変換機能では、国土地理院のTKY2JGDのソースコードが必要です。

■別途必要なMANDARA付属ファイル
・ktControl.ocx
・ktGrid.ocx
・MANDARA.chm
・MarkShape.csv
・mesh.dat
・worldmesh.dat

■ライセンス
・このソースコードの再配布、変更、変更後の配布、商用利用は自由です。
・上記「別途動作に必要なソフトウェア」については個別に確認してください。
・本ソースコードの利用によって生じる一切の損害等について何らの責任を負いません。

■問い合わせに関して
・ソースコードの内容についての質問は受け付けていません。
・その他の質問はMANDARA掲示板にて受け付けます。

MANDARA9.38ソースコード のダウンロード(約940kb)