KTGIS.net
MANDARA
今昔マップ
研究室
Geocoding
Outdoor
Blog


今昔マップ3
トップページ
ダウンロード
収録地域
機能紹介
地域の変化
質問など






 時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ3」とは、Windows上で動作する新旧の地形図を切り替えながら表示することができるソフトです。
Web版の「今昔マップ on the web」を専用ソフトを使うことで、快適に閲覧することができます。

 地域の過去を知るには地形図を見るのが一番です。「今昔マップ3」では、首都圏、中京圏、京阪神圏、札幌、仙台、広島、福岡・北九州、岩手県・宮城県・福島県の海岸部、関東地方、沖縄本島南部の明治・大正以降現在まで、地形図を使って変化を見ることができます。収録した旧版地形図は、2,325枚にのぼります。

対応OS: Windows 7/8/8.1/10(.NETフレームワーク4.5以降が必要)

最新バージョン 3.0.2

役立つ分野
・小、中、高等学校の地理教育、防災教育、歴史学習、郷土学習、受験対策
・大学での地理学研究、近代都市研究、都市社会学、都市計画、土木・建築学、巡検の下調べ
・不動産調査、住宅地開発、河川改修、土地利用の変化、住宅購入、避難先の確認
・郷土史、地域研究、廃道探索、廃線探索、基地調べ、街歩き、旧道歩き
・教育、研究だけでなく業務や家庭生活、趣味など幅広く活用できます

主な機能
・「今昔マップ on the web」ほか、多様なタイルマップサービスの地図表示
・表示位置の検索、標高の表示
・表示画像のコピー、保存、KMZ出力
・KML/KMZファイルの点・線・面オブジェクトの表示、GPXファイルの軌跡表示
・目印の表示、保存
・位置情報付き写真画像ファイルの表示

首都圏編

中京圏編

GPX軌跡表示